LIMELIGHT
 私が初めて舞台を撮影したのは劇団四季の「オンディーヌ」でした。 1966年4月に名古屋中日劇場が開設され、こけら落としで「オンディーヌ」が加賀マリコ主演で行われて以来、劇団四季の公演が何回かにわたり行われました。上の写真は「泥棒たちの舞踏会」で石坂浩二と加賀マリコの二人が共演したときのものです。 戦後20年ちかく経っていた当時でも本格的なミュージカルは日常的に経験できない時代で、浅利慶太と日下武史が結成した劇団四季によって、私たちはワクワクするような" Limelight" をともに浴びることになったのです。 1970年にNew Yorkのオフブロードウエイで公演された、出演者すべてがオールヌードという「オーカルカッタ」の客席からこっそり撮影していて見つかりフィルムを抜き取られて以来、舞台にカメラを向けることはなかったのですが、30年ほど前から愛知県文化振興事業団の仕事で再び私のカメラは" Limelight"を浴びることになりました。 以下の演目をクリックすると、愛知県文化センターが発行している「AAC」誌 そして各劇団のサイトに紹介された私の写真がご覧になれます。
 
『幸せな日々』
『橋からの眺め』
『恋の重荷』
『光の帝国』
『こぶとり』
『ロミオとジュリエット』
『大熊中毒』
『ハイライフ』